共に周南市

A

A

A

A

文字サイズ

S

M

L

地域づくり情報

湯野地区(ゆのちく)湯野地区コミュニティ協議会

地区情報

説明

[人口]1,381人

[世帯数]674世帯

[保育園・幼稚園・小学校・中学校]
湯野小学校
[医療]
内科

[湯野紹介動画]

[マップ]

活動

平成29年度事業 平成28年度事業 平成27年度事業

夢プラン

規約

湯野地区コミュニティ協議会規約
第1条 (名称)

本会は、湯野地区コミュニティ協議会(以下、「協議会」という。)と称する。
第2条 (目的)

この協議会は、湯野地区住民がそれぞれ連帯意識に基づき、協力と協調を図って心豊かなコミュニティの建設に務めるため、共通の活動目標を掲げ、各種団体等の調整と施策の促進を図ることを目的とする。
第3条 (事業)

協議会は、前条の目的を達成するために次の事業を行う。
(1) 地域振興、教育文化、社会福祉、体育に関する集会、講演会、講習会、協議会等地区内のコミュニティ事業の調整、促進
(2) 地域におけるコミュニティ形成のために必要な相談、指導等
(3) その他目的達成に必要な事業
第4条 (会の構成)

協議会は、本活動に賛同する湯野地区住民(以下会員)および湯野地区に勤務する者をもって構成する。
第5条 (会の組織および運営)

この協議会の活動を促進するため次の部会をおき、各種団体および機関の代表者をもって組織する。
第1部会  地域振興           第2部会  教育・文化・対話
第3部会  環境・安全・健康       第4部会  自治・社会福祉・その他

第6条 (役員)

この協議会に次の役員をおく。
(1) 会 長  1名    (5) 理 事  20名程度
(2) 副会長  4名    (6) 事務局  若干名
(3) 部会長  4名    (7) 監 事   2名
(4) 副部会長 4名
第7条 (役員の選出)

1     会長は、理事会において会員の中から選出し、副会長および事務局は会長が指名する。
2  理事は、各種団体および機関の代表者をもって充てる。
3  部会長は、当該部会に係る理事の互選とし、副部会長は部会長が指名する。
4  監事は、理事会において会員の中から選出する。

第8条(役員の任務)

1  会長は、本会を代表し、会務を統轄する。
2  副会長は、会長を補佐し、会長に事故あるときはその職務を代行する。
3  部会長は、当該部会を代表し、その業務を処理する。
4  副部会長は、部会長を補佐し、部会長に事故あるときはその職務を代行する。
5  理事は、会長の求めに応じ、協議立案に参加し、会務の執行、運営にあたる。
6  監事は、本会の資産および経理の監査にあたる。
第9条 (評議員会)

1  評議員会は、各自治会の代表者をもって組織する。
2  評議員会は総会に代えるものとする。

第10条(顧問および幹事)

1  顧問は、適任者を会長が委嘱する。
2  顧問は、会長の諮問に応ずるものとする。
3  幹事は、会長・副会長・事務局・顧問とする。

第11条 (任期)

役員の任期は、2か年とし、再任を妨げない。ただし、任期の途中において変更のあった場合、後任者を充て、残任期間を継承する。

第12条(事務局)

協議会の事務局は、湯野公民館内におくこととする。
第13条 (会議および招集)

協議会の会議は、理事会、評議員会幹事会および部会とし、理事会、評議員会並びに幹事会は、会長が、部会は、当該部会長が必要に応じてその都度招集し、それぞれ議長となる。

第14条 (経費)

協議会の経費は、会費、補助金、寄付金、その他の収入をもってこれに充てる。

第15条 (会計年度)

協議会の会計年度は、毎年4月1日に始まり、翌年3月末日に終わる。

附則

本規約は、昭和53年5月10日から施行する。

本規約は、昭和56年7月13日から施行する。

本規約は、昭和63年7月22日から施行する。

本規約は、平成7年度から施行する。

本規約は、平成8年度から施行する。

本規約は、平成11年度から施行する。

本規約は、平成13年度から施行する。

本規約は、平成15年度から施行する。

本規約は、平成19年度から施行する。

本規約は、平成29年度から施行する。

組織図

各地区一覧(各地区をクリックすると各コミュニティのHPへ移動します)

その他

湯野公民館