共に周南市

A

A

A

A

文字サイズ

S

M

L

地域づくり情報

市民活動に関する保険制度

市民活動に関する保険制度

市民活動を行っている皆さんが不安に思われることとして、活動中の自分自身のケガや、不幸にも他人をケガさせたり物を壊してしまったりした場合ではないでしょうか。

こうした不安や負担を和らげるために、市民活動をされる皆さんが活用できる保険があります。


■「傷害」「賠償」って何?

保険には、よく「傷害補償」「賠償補償」という言葉を聞きますが、違いがよく分からないことがあります。
この「傷害補償」「賠償補償」とは次のような意味があります。

傷害補償

活動している方ご自身のケガについて、適用されるものです。ただし、ケガといっても、通院や入院等による医師の治療が必要なもので、全てのケガに適用されるものではありません。

賠償補償

活動している方が、不幸にも他人の身体や財産を傷つけた場合に適用されるものです。ただし、活動している方の過失による事故で、法的に損害賠償が請求される場合に適用されるものです。

 


■市民活動に関する保険にはどのようなものがあるの?

周南市の保険制度や、周南市社会福祉協議会が窓口になっている保険で、次のようなものがあります。


■これらの保険に加入していたら安心?

いいえ、違います。それぞれの保険には、適用の条件や加入の条件等がありますので、それぞれの条件をよく確認しておくことが必要です。また、これらの保険は、負担を和らげるものであって、全てを補償するものではありません。
複数の保険の加入や活用、あるいは自分自身で「生命保険」等の民間保険の活用を検討しておくことが必要です。

市民活動に関する保険制度(一覧)

■市民活動に関する保険制度の概要

各保険の詳細については、それぞれの連絡先にお問合せください。

市民活動賠償責任保険

市民活動賠償責任保険に加入しました

市民の皆さんが、市民活動を安心して行うことができるように、市民活動賠償責任保険に加入しました。

市民活動とは?

周南市市民活動グループバンクに登録のある団体および市民(市外居住者を含む)により自主的に構成された周南市に本拠地を有する非営利活動団体が行う公益性のある活動です。
※ただし、政治、宗教、営利を目的とする活動を除きます。

市民活動賠償責任保険とは?

市民活動の主催者(市や市民団体等)、市民活動に従事する方(指導者やスタッフ)または市民活動の参加者が、その活動に伴い誤って第三者の身体や財物に損害を与え、法律上の賠償責任を負わなければならなくなった場合の損害を補償する保険です。

対象とならないものは?

・賠償補償対象者の故意による損害
・戦争(宣戦の有無を問いません。)、変乱、暴動、騒じょう、労働争議による損害
・地震、噴火、洪水、津波若しくはこれらに類似の自然変象による損害
・日本国外の裁判所において提起された損害賠償請求訴訟に係る賠償責任
・賠償補償対象者と世帯を同じくする親族に対する賠償責任
・賠償補償対象者が業務に従事中に被った身体障害(障害に起因する死亡を含む。)によって生じた賠償責任
・賠償補償対象者と他人との間に損害賠償に関する特別の約定がある場合において、その約定によって加重された賠償責任
・施設の新築、改築、修理、取壊しその他の工事に起因する賠償責任
・航空機、昇降機、自動車又は施設外における船・車両(原動力が専ら人力である場合を除く。)若しくは動物の所有、使用若しくは管理に起因する賠償責任
・園児、児童、生徒を対象とした学校行事(全国市長会の「学校災害賠償補償保険」、日本体育・学校健康センターの「災害救済給付」で対応する。)
・山岳・海難救助ボランティア活動、災害救助ボランティア活動等の緊急時での活動
など

(注)自分がけがをした場合(転倒し骨折をしたなど)の傷害保険ではありません。

保証額


保険内容の詳細や 万一、事故が起きた場合には下記までお問い合わせください。

※事故発生から(20日以内)手続きが必要です。

問合せ先

地域づくり推進課
所在地/〒745-0045 周南市徳山港町1-1 徳山港町庁舎
TEL/0834-22-8412 FAX/0834-22-8428