共に周南市

A

A

A

A

文字サイズ

S

M

L

地域づくり情報

周南市市民活動支援センター

【支援センター業務案内】「周南市ボランティア人材バンク」の創設・運営管理

周南市ボランティア人材バンク実施要綱

(設置)第1条

周南市内の市民グル-プに、豊富な専門知識・技能等を有する市民の情報を提供するため、「周南市市民活動支援センタ-」内に周南市ボランティア人材バンク(以下 「人材バンク」という。)を設置する。

(登録)第2条

市長は、周南市ボランティア人材バンク登録申込書(別記第1号様式)により申出のあった者で次に掲げる条件を満たすものを人材バンクに登録する。
(1) 仕事や趣味を通じて得た知識・技術・特技・資格等を持ち、依頼グル-プからの要望に基づき助言や指導等ができる周南市内在住又は在勤の者
(2) 原則として無償で活動する者
(3) 政治・宗教・営利を目的として活動しない者
2.市長は、登録された者(以下「登録者」という。)の氏名及び活動内容をホ-ムペ-ジ等に掲載するものとする。

(利用者の申込み)第3条

人材バンクを利用しようとする者は、原則として利用を希望する日の30日前までに市長に周南市ボランティア人材バンク利用申込書(別記第2号様式)を提出するも のとする。
2.市長は、当該利用の諾否を登録者に確認し、利用申込書を提出した者に通知するものとする。

(必要経費の負担)第4条

人材バンク利用に際しての資料代、材料費、交通費その他の必要経費は、利用者が負担するものとする。

(利用報告)第5条

人材バンク利用者は、利用した日から起算して30日以内に市長に周南市ボランティア人材バンク利用報告書(別記第3号様式)を提出するものとする。

(登録期間)第6条

登録者の登録期間は2年とする。ただし、更新を妨げない。

(登録の抹消)第7条

市長は、次の各号のいずれかに該当するときは、当該登録者の登録を抹消するものとする。
(1)     登録者から辞退の申出があったとき。
(2)     登録者が第2条第1項各号に掲げる条件に合致しなくなったとき。
(3)     公の秩序を害し、又は善良な風俗を乱すおそれのあるとき。
(4)     施設及び設備等を損傷し、又は滅失するおそれのあるとき。
(5)     その他市長が登録者としての適正に欠けると認めるとき。

(その他)第8条

この要綱に定めるもののほか、必要な事項は市長が別に定める。

附 則(施行期日)

1 この要綱は、平成15年4月21日から施行する。(経過措置)
2 この要綱施行の前までに、徳山市ボランティア人材バンク実施要綱(平成13年8月31日施行)の規定に基づきなされた処分、手続その他の行為は、この要綱の相当規定に基づきなされた処分、手続その他の行為とみなす。